前へ
次へ

番組編成・競技結果はこちら
記録集はこちら

大会概要

オールスターナイト陸上とは。

詳しくはこちら

出場選手

実業団チーム、学生チームの出場選手を紹介します。

詳しくはこちら

ヒストリー

実業団・学生対抗55年の歴史。

詳しくはこちら

INFORMATION

2015-08-07
ダイジェスト動画を掲載しました。
2015-07-27
記録集を掲載しました。
2015-07-24
番組編成を掲載しました。
2015-07-22
両チーム主将両チーム選手団役員投てき備品一覧を掲載しました。
2015-07-18
実業団代表選手アンケート学生代表選手アンケート種目ごとの見どころ紹介を掲載しました。

2015オールスターナイト陸上 大会要項

主 催日本実業団陸上競技連合、日本学生陸上競技連合
後 援文部科学省、厚生労働省、日本陸上競技連盟、神奈川県、
神奈川県教育委員会、平塚市、平塚市教育委員会
運営協力神奈川陸上競技協会、東日本実業団陸上競技連盟、関東学生陸上競技連盟
協 賛ミズノ株式会社
期 日2015年7月25日(土)
 開会式 16時30分  競技開始 16時45分  閉会式 20時30分
会 場ShonanBMWスタジアム平塚
〒250-0045 神奈川県平塚市大原1-1  TEL:0463-33-4455
競技種目男子10種目
100m、400m、800m、110mH、400mH、
100m+200m+300m+400mR、 走高跳、三段跳、砲丸投、ハンマー投
女子9種目
100m、400m、800m、100mH、400mH、
100m+200m+300m+400mR、 走幅跳、円盤投、やり投
参加基準1チーム1種目3名、リレーは8名連記とする。
選手団編成両チームとも監督1名、コーチ2名、マネージャー1名、男子競技者35名、
女子競技者32名の合計71名で編成する。
ナンバーカード実業団男子  1 ~ 35女子  1 ~ 32
学 生男子 101 ~ 133女子 101 ~ 130
代表者会議7月25日(土) 15時00分~
得点・表彰 個人種目の得点は1位6点、2位5点、3位4点、4位3点、5位2点、6位1点
とする。リレーは1位6点、2位3点とする。表彰は総合並びに男女各優勝
チームと個人において優秀な成績を収めた競技者に下記の賞を授与する。
個人種目の表彰は第3位までとし、入賞金品を与える。また、日本記録、
日本学生記録、大会新記録を樹立した者には別の副賞を与える。
【団体】
総合優勝チーム:秩父宮賜杯
総合優勝チーム:内閣総理大臣杯
男子優勝チーム:文部科学大臣杯
女子優勝チーム:厚生労働大臣杯
【個人】
最優秀選手賞(男子):学生連合会長杯
最優秀選手賞(女子):実業団連合会長杯
敢闘賞(男女):平塚市市長杯
最優秀新人賞(男女):河野一郎杯
宿泊・旅費宿泊は原則として7月25日(土)の1泊の
希望者を本部負担とする。ただし、遠隔地等の理由已む得ない
事情がある場合は、前日24日(金)の宿泊も本部負担とする。
この場合、理由書を事前に事務局へ提出のこと。
旅費は、以下のとおりとする。
 100km未満…普通運賃
 500km未満…特別急行料金(新幹線含む)と普通運賃
 500km以上…特別急行料金(新幹線含む)と普通運賃及び航空運賃
ただし、学生は、学割料金とする。
その他出場競技者には、チームユニフォームを支給する。
両連合承認の競技者については、オープン参加することができる。
ドーピングコントロールテストは、日本アンチ・ドーピング機構および
日本陸上競技連盟の規則に従い実施する。ドーピングコントロールテストを
指示された競技者は、競技役員の指示に従ってテストを受けなければならない。
①国際陸上競技連盟ドーピング防止規程に基づいて行う。
②国際基準(禁止表)で定められている禁止物質・禁止方法を病気の治療
目的で使わざるを得ない競技者は”治療目的私用に係る除外措置(TUE)”
申請を事前に行わなければならない。
詳細については、日本陸上競技連盟医事委員会HP、又は 日本アンチ・
ドーピング機構HP
、および日本学生陸上競技連合HP内の 「知っておきたい
アンチ・ドーピングの知識2015年版」を参照すること。
2015年1月1日より、世界アンチ・ドーピング規程、国際基準、そして
日本アンチ・ドーピング規程が改定され、未成年者(20歳未満)の選手が
競技会に参加する際、「未成年者同意書」(親権者による署名が必須)を
持参しなければならない。本大会に参加する未成年者は、HPに掲載の
未成年者同意書を熟読し、署名、捺印の上、競技会に必ず持参すること。
未成年競技者はドーピング検査に指名されたときに、同意書の原本を
ドーピング検査室にてNFR(大会医事代表)に提出すること。提出は
未成年時に1回のみで、同意書の提出後に再びドーピング検査に指名
された場合は、既に原本を提出済みであることをNFRに申し出ること。
会場において、原本の提出がなくとも、検査は行われるが、検査後7日
以内に日本陸連事務局に原本を提出すること。
当日競技会に出場しなかった者は、旅費・宿泊等は自己負担とする。
(不慮の事故等の場合を除く)
競技中に発生した傷害、疾病についての応急処置は主催者側において
行うが、それ以後の責任は負わない。
原則として学生、実業団ともに保険に加入しているので、この保険が
適用される場合がある。
参加者は、健康保険証(コピー可)を持参のこと。
前日の練習は、9:00~21:00とする(ただし投てきを除く)。
当日の練習は、9:00~21:00とする(ただし投てきを除く)。


Page Top